毎月数社限定トライアル

ヒューリスティック分析事例集 Trial of Heuristic report

資料ダウンロードはこちら

×専門家の視点で課題を抽出する「ヒューリスティック分析」の事例集を配付中! 資料ダウンロードはこちら

あなたのサイトはレスポンシブにすべき?7つの観点から比較する、レスポンシブwebデザインのメリットとデメリット

UI/UXデザイン 2012.11.02

「うちの会社のサイトをレスポンシブにしたいんだけど。どうですか?」 「新サービスのサイトを作ってくれませんか?レスポンシブで」 弊社でもレスポンシブ・webデザインに関して色々なお客様から要望をいただく事があります。 レスポンシブ・webデザインは、従来のようにサーバ側でユーザーの端末を判別し、それぞれの表示に最適なHTMLやCSSを表示する方法に対して、1ファイルで様々な端末に表示する方法の事です。 弊社でもお客様から 「実際にレスポンシブ・webデザインで作る方が良いの?」という質問もいただくのですが、 「サイトの目的や、想定している運用方法に応じて、最適な作り方は異なりますよ」とお伝えしております。 では、実際にレスポンシブ・webデザインではどのようなメリットとデメリットがあるのか。7つの項目毎に比較したいと思います。

 

 

操作性・UIへの最適化

レスポンシブ・webデザイン △ 複数のHTML ◯ レスポンシブ・webデザインの場合1ファイルである事で、レイアウト・デザインの自由度が低くなってしまいます。

SEO

responsive-merit-demerit_031 レスポンシブ・webデザイン ◎ 複数のHTML ◯ よく、レスポンシブ・webデザインはSEOに強いと言われていますが、レスポンシブ・webデザインで作成したサイトが絶対的にその他のサイトよりも強い訳ではありません。 レスポンシブ・webデザインがSEOに強いと言われている理由は、 1、1ソースのHTML 2、URLリダイレクトミスの発生しにくさ の2点と言われています。 この2点の詳細は、Googlewebマスター向け公式ブログに記載されておりますので、ご確認下さい。

表示速度

よく、「GoogleがSEO上でレスポンシブ・webデザインを優遇する」という声を聞きますが、実際の所は、推奨するとしか言っていません。推奨する理由は、先にあげた2点が理由となります。 実際に、Googleでは、 ・レスポンシブ・webデザイン(同じURLと1つのHTML/CSS) ・動的な配信(同じURLと別々のHTML/CSS) ・モバイル専用のURL(異なるURLと別々のHTML/CSS) の3つのタイプのモバイルサイト構成もサポートしており、Googleのジョン・ミューラー氏も、「レスポンシブ・webデザインだからといって、検索結果の上位表示を行わない(2013/10)」と言及しています。 正確な運用が出来たり、コンテンツは全てCMSなどで管理出来ていれば、無理にレスポンシブ・webデザインにする必要はなさそうです。

サイト更新 CMSを用いない簡易的な更新

レスポンシブ・webデザイン ◯ 複数のHTML △ 画像差し替えや、簡易的な文言変更などの場合を想定すると、レスポンシブ・webデザインが有利です。 サイト完成後のメンテナンスの作業時間の短縮や、リンクミス等のリスクも減ります。リンクミスの低減は前述した通り、SEOでも有利になります。

サイト更新 CMSを用いた簡易的な更新

レスポンシブ・webデザイン  複数のHTML CMSを用いた場合、複数ファイルを元々一括で管理している事から作業時間も、リンクミス等のリスクもどちらも差がありません。

サイト更新 バナー追加や、レイアウト変更等の更新

レスポンシブ・webデザイン △ 複数のHTML ◎ 「サイト内に特集コーナー告知のために新たにバナーを追加しなければならない」サイト運用をやっているとそんなケースも多々あると思いますが、レスポンシブ・webデザインの場合、非常に手間がかかります。各デバイスでの共通のレイアウト変更が必要になるため、修正作業はもちろんの事、表示確認作業・テスト等も通常より時間がかかってしまいます。

コスト

responsive-merit-demerit_04 レスポンシブ・webデザイン △ 複数のHTML ◯ 多くのweb担当者の方が気になるコスト。こちらについては、作るサイトの内容次第で変わるものの、多くの場合レスポンシブ・webデザインのコストの方が高くなってしまいます。 切り替えるレイアウト毎のデザインや、HTMLコーディングが複雑になる等、手間がかかってしまう事が原因です。 いかがでしたでしょうか?勿論必ずしも上記で記載した優劣に限らず、レスポンシブ・webデザインがすっごく得意なんで、安いし、早いしクオリティも高く作れます!というweb制作会社もいるかもしれません。まずは上記を参考にして、自社のサイトを制作する際は、頼れるパートナーの会社に聞いてみてください。細かいご希望に応じて作るべきサイトは異なってくるはずです。 勿論弊社でもご相談は受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

pagetop