キーワード設計や記事制作をお任せ!

コンテンツマーケティングのご案内 Performance of Contents marketing

詳しくはこちら

×パンタグラフ独自のコンテンツマーケティング手法&実績をご案内中! 詳しくはこちら

LINE公式アカウントとは?導入・配信するとできることをご紹介!

マーケティング 2022.07.15

本記事ではLINE公式アカウントでできることを紹介していきます。

皆さんもユーザーとして、少なからず企業のLINE公式アカウントをフォローしているのではないでしょうか?例えば「友だち追加することでスタンプがもらえるから」「クーポンがもらえるから」といったきっかけから、フォローを始めた方も多いと思います。

ただ、企業の担当者からしたら、せっかく友だち追加してもらえても、その後すぐにブロックされてしまっては機会損失になってしまいます。そうならないように、魅力的なコンテンツを届けていくことが必要です。

そこで本記事では

  • これからLINE公式アカウントの運用を始める
  • 興味はあるが具体的にどんな機能があるかわからない

こういった方々に向けて、LINE公式アカウントを導入するとできることを紹介していきます。

LINE公式アカウントで配信できるものは?違いも解説

LINEの友だちに向けて配信できるものは大きく分けて2種類あります。

それがメッセージ配信とLINE VOOMです。

メッセージ配信

メッセージ配信はトークで届くメッセージです。キャンペーンや新商品の情報、期間限定クーポンなどの配信に活用している企業が多いですね。

特徴は、通知をオンにしている友だちであればダイレクトに見てもらいやすいことです。

詳しい料金体系は本記事では説明を省きますが、配信数が多くなれば多くなるほど、料金も上がります。

LINE VOOM

LINE VOOMは、以前「タイムライン配信」と言われていたタイプの投稿です。

ちなみに、このLINE VOOMの投稿はメッセージ配信と異なり、料金がかかりません!そのため、タイムリーな内容などをさっと投稿したいときにもおすすめです。

メッセージ配信で使えるアイテムは?

次に、メッセージ配信でできることを紹介していきます。LINE VOOMについては、また別の記事で紹介していきます。

メッセージ配信で使えるアイテム

よく使われるアイテムとしては以下になります。

  • テキスト
  • 画像
  • 動画
  • リッチメッセージ(リンク付きの画像)
  • リッチビデオメッセージ(リンク付きの動画)
  • カードタイプメッセージ(カルーセル表示の複数枚の画像)

これらのアイテムを組み合わせていきますが、1回の配信で使用できるアイテム数は3つまでです。

例えば、テキスト+リッチイメージ+カードタイプメッセージ

といった組み合わせができます。

カードタイプメッセージは複数枚の画像を使えるのですが、それでも1アイテムとしてカウントされます。

リッチメッセージ

特に使用頻度の高いメッセージアイテムが、リッチメッセージです。画像にリンク先を設定して配信することができますが、1画像に対して最大で6つのリンク先を設定することが可能です。画像をエリアに分けて、エリアごとのリンクを設定できます。

例えば、以下の配信では、画像の上下左右で合計4つのリンクを設定しています。リンク先に合わせた画像を作成することがポイントになります。

カードタイプメッセージ

カードタイプメッセージは、横にスクロールすると複数枚の画像が表示されるように設定できるアイテムになります。最大で9枚の画像+もっと見るの合計10点の画像を設定することができます。それぞれ個別にURLやクーポン、テキストなどを設定することができるため、自由度が高いアイテムです。

例えばアパレルブランドですと、1枚目にアウター、2枚目にシャツ、3枚目にアクセサリーなど、商品リストのように使用することが可能です。

リッチメニュー

メッセージ配信とは別に、トーク画面で表示できるアイテムにリッチメニューがあります。これはトーク画面の下に表示されるもので、開閉することのできるアイテムです。設定することで料金が変わるものでもなく、また差し替えを行った際の反映も数分程度あれば可能です。

以下に実際に設定できるレイアウトを紹介しますが、用途に合わせてさまざまなレイアウトを選ぶことが可能で、リンク先を1〜6つまで設定することができます。

例えば、メッセージ配信で使用する画像やテキストが隠れてしまうのを避けたい場合は、小のレイアウトのメニューを設定。反対に、リッチメニューに会員証へのリンクなど、ユーザーによく使用してもらいたいリンクを設定するには、大のレイアウトのメニューにするのがオススメです。

パンタグラフが提案するコンテンツマーケティングの
くわしい情報や事例を紹介しています。

LINE公式アカウントで効率よく集客を

いかがでしたか?今回は主に公式LINEアカウントでできることと、メッセージ配信について紹介しました。友だち追加してくれたユーザーに効果的なアプローチができるように、各配信の特徴を抑えて運用していきましょう。

パンタグラフでも公式LINEアカウントの運用を行っていますので、お気軽にご相談ください。

以下のような方からご相談いただいています!

  • 配信は行いたいが社内担当者のリソースが不足している
  • LINE用に画像の制作ができる担当が社内にいない
  • メッセージ配信の開封率が低いためアドバイスしてほしい
  • パンタグラフでは、メディアの成長・改善をサポートするコンテンツマーケティングのほか、インターネット事業を中心とした戦略立案に向けて、課題抽出から企画提案まであらゆるサポートを実施しています。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

pagetop