キーワード設計や記事制作をお任せ!

コンテンツマーケティング実績 Performance of Contents marketing

資料ダウンロードはこちら

×コンテンツマーケティング成功をサポートするパンタグラフの実績を公開中! 資料ダウンロードはこちら

【無料】SEOキーワード選定ツール8選!関連キーワードも

マーケティング 2021.07.09

効果的なSEOコンテンツやリスティング広告を作成するためには、企業や商品に合ったキーワードの選定が重要です。この記事では、無料でキーワードの検索数や関連キーワードを探すことのできる「キーワードツール」を紹介します。

SEOキーワードツールとは?無料でも使える?

コンテンツSEOやリスティング広告では、効果的なキーワードを決める事が重要です。

ここでの「キーワード」とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索される語句のことです。このキーワードの検索数が多い場合は、世間での関心が高く、ユーザーの検索によってコンテンツSEOやリスティング広告が人々の目に触れる機会も多いといえます。

キーワードの検索数は、多くの場合、ツールによって過去1年間の平均が算出され、「平均月間検索数」として扱われます。また、このような検索数の大小だけではなく、そのキーワードを検索するユーザーが何を求めているか、購入意欲は高いのか、自社製品・サービスとの相性はどうかといった点も重要になります。

キーワード検索

 

このように、コンテンツSEOやリスティング広告で対策するキーワードの検索数やニーズなどを調査できるツールを、「キーワード選定ツール」などと呼びます。

キーワード選定ツールには有料のものもありますが、無料でも便利なものや、登録すれば有料版と比べても遜色なく使えるものも多くあります。

 

この記事では、キーワードの検索数などを調査できキーワード選定に役立つツールや、関連キーワードなどを抽出できるなど、SEO・リスティング施策に役立つツールをご紹介します。

なお、コンテンツSEOにおけるキーワードの選び方について、詳しくは「140万PV突破メディア運営者が『SEO対策におけるキーワード選定方法』を大公開!」をご覧ください。

 

無料のSEOキーワード選定ツール4選

ここでは、キーワードの月間検索数などを調査できる無料ツールを紹介します。コンテンツSEOやリスティング広告のキーワード選定に役立つでしょう。

無料キーワードツール①Google キーワードプランナー

「キーワードプランナー」は、キーワードツールの中でも最も有名なものです。

画像右側の「検索ボリュームと予測のデータを表示する」から、指定したキーワードの月間検索数などを表示できます。いくつものキーワードを同時に調査できるため、後述する「ラッコキーワード」などと併用するのもおすすめです。

画面左側の「新しいキーワードを見つける」からは、あるキーワードの関連キーワードを抽出したり、競合サイトが対策しているキーワードを調査したりできます。

キーワードプランナーは、Google広告を利用しているGoogleアカウントなら無料で利用可能です。

 

無料キーワードツール②aramakijake.jp

aramakijake.jpは、月間検索数の調査のほか、そのキーワードで上位に掲載された際にどれくらいの閲覧数を見込めるかの予測が可能なツールです。

アクセス数の予想が立てられるため、社内・社外の提案や効果の検証にも役立つでしょう。

aramakijake.jpは、基本的に無料で使用できます。

 

無料キーワードツール③Whatsmyserp

Whatsmyserpは、Google Chromeの拡張機能です。キーワードの検索結果の画面において、設定した言語での月間検索数や、関連キーワードを表示できます。

Whatsmyserpを追加すると、以下の画像のように、検索キーワードの記入欄にそのキーワードの検索数が表示され、検索結果の右側に関連キーワードとその検索数が表示されるようになります。

キーワード検索画面

Google Chromeを利用していれば、無料で追加できます。

 

無料キーワードツール④Ubersuggest

Ubersuggestは、キーワードの検索数や関連キーワード、競合サイトのSEO状況などを調査できるツールです。

このほか、そのキーワードで上位に表示されるページの分析やコンテンツの提案、被リンクデータも調査可能です。

Ubersuggestは、Googleアカウントを登録すれば基本無料で使用できます。

 

関連キーワード、SEOコンテンツ作成に役立つツール4選

ここでは、キーワードの検索数を調べるもの以外で、コンテンツSEOに役立つ無料ツールを紹介します。

キーワード検索

なお、キーワード関連以外にも、コンテンツSEOに役立つツールは多くあります。

詳しくは、「Webサイトのアクセス解析を解説!目標・分かること・使うべき無料ツールは?」や、「基本の無料&有料SEOツール5選! 調査・評価・改善の方法と使い方」をご覧ください。 

キーワード関連ツール①ラッコキーワード

ラッコキーワードは、GoogleやYahoo!はもちろん、Q&Aサイトなどさまざまなデータから関連キーワードを調査できるツールです。

もともとは別の名称の関連キーワード調査ツールでしたが、リニューアル・統合されました。

調査したいキーワードを入力すると、そのキーワードとともに検索されているキーワードや、関連のあるキーワードが表示されます。

コンテンツSEOのテーマは決まっているものの、具体的なキーワードを絞り込めていないという際に便利です。

ラッコキーワードは基本的に無料で利用でき、メールアドレスを登録すれば回数無制限で調査できます。

 

キーワード関連ツール②OMUSUBI

OMUSUBIは、キーワードに関連する事柄、ニーズをマップ形式で表示するツールです。

画像の右側のように、関連するキーワードが蜘蛛の巣状のキーワードマップとして表示されます。さらに、マップの中から気になるキーワードを押せば、そのキーワードのマップを表示できます。

サイト全体でビッグキーワードを狙いたい場合や、テーマに迷っている場合、ユーザーのニーズを理解したい場合などに便利でしょう。

OMUSUBIは基本的に無料で使用できます。

 

キーワード関連ツール③SEOチェキ!

SEOチェキ!は、これからコンテンツSEOの方針を決める場合や、ある程度コンテンツSEO施策を行って効果を測る場合に便利なツールです。

「検索順位チェック」では、調査したいキーワードにおいて、そのURLが、GoogleおよびYahoo!の検索結果で何位に表示されているのかを調査できます。SEOの効果を測定できるでしょう。

また、「キーワード出現頻度」では、そのドメイン内で頻出するキーワードを調査できます。こちらは、これからSEOのテーマを決める際に役立つでしょう。

SEOチェキ!は無料で利用できます。

 

キーワード関連ツール④Googleトレンド

Googleトレンドは、話題になっているキーワードを調べたり、あるキーワードの検索数の推移を調べたりできるツールです。

キーワードの検索数が今後どのように推移するか予測したい場合や、よりリアルタイム性を重視したブログ記事、SNS投稿のテーマを決める際などに便利でしょう。

Googleトレンドは無料で利用できます。

 

パンタグラフでは、コンテンツSEO(コンテンツマーケティング)の無料相談を行っております。

ご興味のある方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

pagetop