Pantograph

メニュー

Pantograph Blogインターネットに関するイロイロを共有するブログ

メルマガ配信の方法を分かりやすく解説!おすすめのツールも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティング

メルマガ配信の方法を分かりやすく解説!おすすめのツールも紹介

メルマガは、SNSやブログが発達した現在においても、マーケティング手法として広く使われています。
しかし、「事業にメルマガを活用したいけれど、詳しいことはよく知らない」という方もいらっしゃるかもしれません。
そこでこの記事では、メルマガの基礎知識や配信方法について、わかりやすく解説します。
おすすめのメルマガ配信ツールも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

 

メルマガ配信の基礎知識

こちらでは、メルマガ配信に関する基礎知識を解説します。

メルマガとは「登録者への一斉配信メール」

メルマガは「メールマガジン」の略であり、企業などから購読する多数のユーザーに向けて一斉に配信するメールのことをいいます。
基本的には単発のメールで終わるのではなく、文字通り雑誌のように、定期的かつ継続して送り続けます。

【メルマガを配信するメリット】

  • 紙媒体のDMよりもコストを削減できる
  • 最適なタイミングで配信できる
  • ユーザーのメールアドレスを収集できる

 

メルマガはどんなときに使われるか

メルマガは、主に以下のケースで利用されます。

  • 商品やサービスの紹介、販売促進
  • 知識やノウハウの伝達
  • ファンの獲得

メルマガに「決まった型」はありません。
「読み物としてのコンテンツ」「新商品やキャンペーンの告知」「説明書・アフターフォロー」「アンケート調査の依頼」など、内容にはさまざまなバリエーションを持たせることができます。
また、メールアドレスを登録したユーザーに向けて、直接配信できるのも強みです。
目的に合わせて、ぜひ使いこなしたいですね。

 

メルマガの配信方法

メルマガ配信で使われる主な方法としては、大きく分けて5種類あります。

  • メール配信ツールを使う
  • Microsoft Excelを使う
  • Googleスプレッドシートを使う
  • マーケティングオートメーションツールを使う
  • メーラーのBCCで配信する

それぞれについて、以下で詳しく紹介します。

メルマガ配信法①メール配信ツール

いくつかの会社から提供されているメールマガジンの配信ツールを用いる方法であり、もっともおすすめです。
プログラミングの知識や技術がなくても、システムを操作するだけで簡単にメルマガを管理できます

メルマガ配信法①メール配信ツール

  • メール本文の作成および大量配信
  • 顧客のメールアドレス管理
  • 開封率やURLクリック数などの分析

サービスには無料と有料のものがあり、使える機能やサポート対応に違いがあります。

メルマガ配信法②Microsoft Excel

Microsoft OfficeのExcelと、メールソフトのOutlookを使って、メルマガ配信を行うことができます。
Excelで宛先一覧などのファイルを作成し、Outlookで作成したHTML形式のメールに情報を反映させます。

メルマガ配信法②Microsoft Excel

注意点は、ExcelとOutlookを連携させるためにExcel VBAで必要なコードを書く必要があるということです。
しかし、知識とスキルさえあれば、無料でメルマガ配信ができるのは大きなメリットでしょう。

メルマガ配信法③Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートを利用する場合は、Gmailでメール配信を行います。
Googleスプレッドシートで配信リストを作成し、Googleドキュメントでメール本文を作成します。
送信するには、プログラミング言語「Google Apps Script」でコードを書き、各種データを連携させる必要があります。

メルマガ配信法③Googleスプレッドシート

注意点は、Gmailは1日あたりのメール送信数に500~2,000通の制限があります。そのため、購読ユーザーが多い場合は配信日をずらすといった調整が必要です。

メルマガ配信法④マーケティングオートメーションツール

マーケティングオートメーション(MA)ツールとは、膨大なマーケティング業務やルーティンワークを自動化するクラウド型機能です。

メルマガ配信法④マーケティングオートメーションツール


具体的なMAツールについては、マーケティングオートメーション(MA)ツールを徹底比較の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

多くのマーケティングオートメーションツールには、メール配信機能が含まれています。
メルマガ配信はもちろんのこと、自動でステップメールを送信するといったメールマーケティングにも役立ちます。

メルマガ配信法⑤BCC

メーラーの宛先欄で「BCC」を選び、複数のメールアドレスを入力する方法です。
ただし、こちらの方法は危険とされ、現在はあまり使われていません

メルマガ配信法⑤BCC

BCCで送信したメールアドレスは、通常、受信者同士がお互いのメールアドレスを知ることがありません。
しかしメール作成時に、BCCではなく、受信者のアドレスが明記される「TO」や「CC」を選んでしまう人為的ミスが起こりやすいため、個人情報漏えいにつながるリスクが高いと考えられます。

 

メルマガ配信のおすすめツール5選

メルマガ配信のおすすめツールを5つご紹介します。

melma!(メルマ)

melma!(メルマ)
http://melma.com/
無料で利用できるサービスです。読み物・コラム系のメルマガと相性がよいとされています。
操作手順がシンプルなのが特徴なほか、審査が比較的通りやすいと評判であり、初めてメルマガを配信する方におすすめです。

MailChimp

MailChimp
https://mailchimp.com/
無料で使える海外のサービスです。
HTML形式で簡単にメールを作成できるほか、月に1万2,000通もの配信が可能です。また、ステップメールや外部ツール連携などの機能もそろっています。
すべて英語表記という注意点はありますが、コストパフォーマンスの高いツールを探している場合はおすすめです。

オレンジメール

オレンジメール
https://mail.orange-cloud7.net/
有料サービスですが、6ヶ月間の無料プランもあります。
メール作成・配信・読者管理・効果測定など、メルマガに必要なすべて装備されているほか、ステップメールも配信できます。
すべての機能が試せる30日間の無料体験があるため、気軽に試せるのもポイントです。

配配メール

配配メール
https://www.hai2mail.jp/
有料のサービスです。メールの到達率が高いとされ、大手企業への導入実績もあります。
ドラッグ&ドロップするだけでHTMLメールを作成できるほか、テンプレートも用意されているため、プログラミングの知識がなくても簡単にメルマガを作成できます。
サポートも満足度95%という高い評価を得ており、安心してツールを利用したい方におすすめです。

Benchmark Email(ベンチマークイーメール)

Benchmark Email
https://www.benchmarkemail.com/jp/
有料サービスで、月額1,800円から利用できます。
アメリカの会社で、「世界で50万社以上に導入」という信頼性の高さが魅力です。
500種類以上のデザインテンプレートが使えるほか、画像編集ができたり、カゴ落ちユーザーへ自動メール配信ができたりなど、リーズナブルでありながら機能が豊富なのもポイントです。

まとめ

メルマガの活用メリットは、販売促進からファンの育成までさまざまです。手軽にできるマーケティング手法をお探しの方は、ぜひ検討してみてください。
しかし、いざ配信を始めても「どんな内容にしたらいいのかわからない」「思ったような効果が出ない」といったお悩みが出てくるかもしれません。

パンタグラフでは、メルマガのクリエイティブ制作や配信代行を行っています。
無料相談なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合せはこちら