Pantograph

メニュー

Pantograph Blogインターネットに関するイロイロを共有するブログ

イマドキ大学生100人のスマホホーム画面を大調査!!2018年版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチ

イマドキ大学生100人のスマホホーム画面を大調査!!2018年版

イマドキ大学生100人のスマホホーム画面を大調査!!の第二弾!!
今回はパンタグラフインターン生の佐久間が調査した結果を報告させていただきます。

大学生のスマートフォンの平均利用時間は1日あたり約3時間という結果が出ています。
情報検索のほかに、動画視聴をしたりニュースを読んだりすることもスマートフォンひとつで行うことが一般化した今、大学生にとってスマートフォンは必需品であるといえるでしょう。

今回は前回の調査と比較しながら、大学生が日常的に利用しているアプリやサービスの傾向を分析してみたいと思います。
大学生の友人100人に手伝ってもらいスマートフォンのホーム画面のスクリーンショットを集めました。

大学生のスマートフォンの中身を拝見!!

大学生のスマホ所有

 

まずはアプリの配置方法。

Dock(スマホ最下段の固定設置部分)によく使うアプリを配置する傾向が見られます。
2015年はLINEやTwitter,facebookといったSNSアプリを配置している人が多かったですが、
今年はInstagramカメラアプリを配置している人も多く見受けられました。

スマホ1

 

カメラアプリは、専用フォルダを作って複数のカメラアプリをまとめている人が男女ともに見て取れました。
2015年9月にリリースされた「Snow」は女子大生の4人に1人がホーム画面に設置しているほか、
食べ物の写真に特化した「Foodie」も人気のようです。大学生のスマホホーム画2

よく使うゲームアプリも変化していますね。
2015年はパズドラ,モンスト,黒ウィズ,キャンクラをホーム画面に設置している男子大生が多く見られましたが、
現在は
テトリスやパズルなど、スキマ時間で遊べるゲームが女子からも人気のようです。大学生のスマホホーム画3

調査人数 首都圏の大学に通っている大学生100人(男性43人 女性57人)
調査期間 2018年 7/26~8/29
調査方法 友人のホーム画面のスクリーンショットをデータ送信にて収集

調査結果

よく使うアプリの傾向が見えてきたところでグラフにまとめてみました。

▼iPhone(iOS)とAndroidの比率は?

今回私たちがモニタリングした100名の大学生のスマホはiPhone:92人、Android:8人となりました。
大学生のiPhone利用率は他の年代と比較しても非常に高い(マイナビ 学生の窓口調べでは大学生の7割弱がiPhoneユーザー)という傾向にあります。国内全体のiPhoneユーザーは現在、スマホ利用者の半数以上と言われていますので、大学生のiPhone利用率は顕著に高いことが分かりますね。
スマホ3

 

カメラアプリをホームに配置している大学生の割合は?

カメラアプリをホームに配置している大学生は4割ほどで、男女比は3:7でした。
男子は5人に1人、女子は2人に1人がカメラアプリをよく利用していることが分かります。
2015年から変わらず女子大生が多く利用していますが、男子大生の利用率もかなり高まっているようです。
カメラアプリのホーム配置割合

 

▼ホーム画面に設置しているSNSアプリランキング

これはLINEが圧倒的に多い結果となりました。
2017年から現在にかけて種類が急増した「クリエイターズスタンプ」によって表現の幅が広がり、2015年と比べてLINEでの会話が楽しくなった印象があります。Dockに置いている人も多く、大学生にとって使用度が高いといえます。最近はアルバイト先が業務連絡のためにLINEを使用しているパターンも多いそうです。
また2015年では女子大生に人気だったInstagramの利用者が、男女ともに増加しています。これは2016年から展開されたストーリー機能がキーかもしれません。従来は写真投稿専用SNSだったため、フォトジェニックを重視する女子に人気でした。一方でストーリーは24時間で消えるため、日常的な贅沢ごとや面白いと感じたことを気軽に投稿することができます。ストーリーも写真や短い動画を使って載せるため、それに伴って様々なカメラアプリを利用する傾向にあります。大学生がホームに配置しているアプリランキング

 

▼これが2018年の大学生平均スマホホーム画面だ

以上の調査結果をもとに大学生の平均的なホーム画面を作ってみました。

基本的なSNSはマスト配置となっており、
同ジャンルのアプリを複数個入れている場合はフォルダでまとめている傾向にあります。
その他に音楽、地図、乗り換え案内、スケジュール管理といった定番のアプリも配置されています。
また、最近ではメルカリなどのフリマアプリで売り買いする人が増えていることから、アプリを配置している大学生が目立ちました。
限りあるお小遣いやバイト代でやりくりするにはもってこいのサービスであるようです。

これらの要素を取り入れたこちらを2018年現在の大学生の平均的なホーム画面といたします。大学生の平均的なスマホホーム画

今回の調査では、ホーム画面調査の第一弾と比較したことでそれぞれの年の流行,トレンドを捉えることができました。
ホーム画面に配置されたアプリを分析することで、大学生のニーズを発見できるかもしれませんね!