キーワード設計や記事制作をお任せ!

コンテンツマーケティング実績 Performance of Contents marketing

資料ダウンロードはこちら

×コンテンツマーケティング成功をサポートするパンタグラフの実績を公開中! 資料ダウンロードはこちら

ブログ記事のリライトとは?コンテンツSEOでの意味や効果を解説

マーケティング 2021.07.19

コンテンツSEOでは、効果の低い記事や公開して時間が経った記事を書き直し、更新することで、効果を向上できる場合があります。このようなブログ記事の更新(書き直し)作業を、リライトといいます。

この記事では、企業のブログ記事をSEOの観点からリライトすることについて、自社の運営するWebサイトでの事例を交えて解説します。

リライトとは?意味やメリットを解説

リライト(rewrite)は、「書き直す」「書き換える」という意味の英単語です。

おもに、ブログ記事やコンテンツSEOにおいて、リライトとは、公開後半年以上が経過しても検索順位が伸び悩んでいる記事や、内容が古くなってしまった記事を書き直すことを指します。

この記事では、上記のようなコンテンツSEO記事の「リライト」について解説します。

企業がブログ記事をリライトするメリットには、以下のようなものがあります。

  • SEO効果アップ
  • 元の記事を活かせる、コスト節約
  • 更新頻度向上、最新情報に
  • コンテンツの重複を避ける

よりSEOの効果を高めるようにリライトすれば、検索順位の向上、PVの向上が見込めるでしょう。

Googleに評価されるコンテンツの作り方について、詳しくは「SEOでGoogleが評価するポイントとは?自社事例で解説」の記事をご覧ください。

コンテンツ作成

また、リライトであれば、ブログ記事をはじめから作るよりも費用を安く済ませられる場合があります。

さらに、内容を新しくして、更新日時を記載すれば、ユーザーに「最新の情報を得られる」というメリットを提示できます。

そのほか、新しくSEOに対応したブログ記事を作成し、元々ある記事と内容が被って「重複するコンテンツ」ができると、Googleから良い評価をもらえなくなる可能性があります。このため、似た内容の記事を作る場合は、敢えてリライトという方法を取り、1つの詳しい記事に仕上げる方が良いといえるでしょう。

なお、まれに、コンテンツSEOの分野で、「リライト」を「参照元の文章を書き直して、あたかもオリジナルの文章のように作り直す」ことを指す企業があります。

このような記事作成方法では、著作権を侵害してしまう可能性が拭えないほか、既存の記事と内容が被り、SEOの効果が薄れてしまうかもしれません。

コンテンツSEOの記事制作を発注する場合は、上記について対策を行っている企業を選ぶ必要があります。

 

ブログ記事のリライト方法とは?3つを解説

ここでは、コンテンツSEOにおける3つのリライト方法を解説します。元記事の状況などによって、必要なリライト方法が異なります。

以下の条件を満たす記事から、リライトに取り組むと良いでしょう。

  • 順位の上がる可能性が高い
  • キーワードの月間検索数が多い
  • CTR(またはCVR)が高い

リライトに取り組む姿

以下では、SEOを向上する観点からリライト方法について解説します。このほかに、データや日時、商品、名称の変更などは、別途、最新情報への更新が必要です。さらに、専門的な内容のコンテンツでは、記事の監修者などを加えることもあります。

ブログ記事のリライト①タイトル、ディスクリプションの修正

リライト前に、検索結果の1ページ目後半~2ページ目(5位~20位程度)に表示されている場合、タイトルとディスクリプションのみを修正することで効果が得られる場合があります。

このようなケースでは、もともと記事に狙っているキーワードがあり、そのSEOがある程度上手くいっている状態だといえます。このため、表示されたさまざまな検索結果の中からユーザーに選んでもらうために、クリック率向上の施策として「タイトル、ディスクリプションのリライト」を行うのです。

パンタグラフの運営するWebサイト「受験のミカタ」では、タイトルおよびディスクリプションのリライトを行った記事のうち、83%で検索順位が向上しました。

タイトルおよびディスクリプションのリライト結果

タイトルとディスクリプションのみを変更して、1か月間で7位→2位、8位→4位など、検索結果の上位に躍り出たものもあります。

また、タイトルのみ、ディスクリプションのみのリライトで効果を示す場合もあります。

「受験のミカタでは、タイトルのみのリライトを行った記事のうち67%、ディスクリプションのみのリライトを行った記事のうち89%で、検索順位が向上しました。

ただし、注意点として、すでに検索結果で上位を取れているキーワードを外してしまわないようにリライトする必要があります。効果の出ているキーワードを残しつつ、新しい複合キーワードを足したり、ユーザーが興味を持つ魅力的なタイトル、ディスクリプションに書き換えたりする作業です。

このように、リライトでは、まず元の記事で効果を示しているSEO、上位を取れているキーワードを調べます。

そして、記事への流入が多いキーワード、キーワードごとの月間検索ボリューム、表示されている順位、クリック率などをもとに、リライトで対策するキーワードを決めていきます。

上記のデータは、Googleの「サーチコンソール」で調査できます。「サーチコンソール」のほか、アクセス解析に用いるツールについて、詳しくは「基本の無料&有料SEOツール5選! 調査・評価・改善の方法と使い方」「Webサイトのアクセス解析を解説!目標・分かること・使うべき無料ツールは?」をご覧ください。

ブログ記事のリライト②見出しや構成を変更

リライト前に、検索結果の3ページ目以降(21~50位程度)に表示される記事は、タイトルやディスクリプションだけではなく、見出しや記事の構成も見直すと効果的でしょう。

見直しが重要

このような記事は、一部のユーザーには必要とされる内容が含まれているか、検索ボリュームが少ないキーワードで上位を獲得できていると考えられます。

そのため、より月間検索ボリュームの大きいキーワードで、より上位に表示させるためのリライトを行います。例えば、以下のような施策です。

  • ユーザーニーズが高い内容を記事の上部に移動させる
  • 見出しに新しいキーワードを入れる
  • そのキーワードで、すでに上位に表示されているページを調査し、記事に足りていない内容を盛り込む

パンタグラフの運営するWebサイト「受験のミカタでは、見出しの変更を伴うリライトで、63%の記事の順位が向上しました。

なお、記事本数が多く、さまざまな順位の記事が混在している場合には、記事のランキングを一括で調査できるツールが便利です。ランキング調査ツールについて、詳しくは「無料!低価格!安くて今スグ使える『検索順位チェックツール』4選」をご覧ください。

ブログ記事のリライト③記事のキーワード選定、全体のSEO施策

こちらは、それまで行っていたSEOがうまくいっていない場合や、ランキング圏外(50位~)の記事が多い場合、これまでSEOを意識せず記事を作っていた場合のリライト施策です。

元の記事を活かしつつ、記事全体にSEOを行うリライトが必要になります。記事に合ったキーワードを新しく探して当てはめ、記事を構成しなおすため、新しくSEO記事を作成するのと同じ程度のコストがかかる場合もあります。

SEO対策を考える

ただし、このような記事の場合でも、新規に記事を作るのではなく、元の記事のリライトをするメリットがあります。元の記事の内容が、その企業ならではの情報やコラムであれば、オリジナリティとしてSEOに寄与する場合があるためです。

実際に、他のサイトにはないオリジナルのデータ、コンテンツは、Googleから良い評価を受ける場合があります。

なお、記事で狙うキーワードを決める場合には、新しくコンテンツを作る場合と同じような「キーワード調査」を行います。狙うキーワードを調査する方法については、「140万PV突破メディア運営者が『SEO対策におけるキーワード選定方法』を大公開!」をご覧ください。

 

この記事では、企業のブログ担当者に向けて、コンテンツSEO記事のリライトについて解説しました。

パンタグラフでは、コンテンツマーケティングの無料相談を行っております。興味のある方は、記事下のボタンまたは「コンテンツマーケティング」バナーよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

pagetop